正しい歴史の側

正しい歴史の側

カルロス・M・ペレイラ

去る1月30日、「ベネズエラ、全土で反政府集会」との暗示的な見出しのついた日本共産党機関紙「しんぶん赤旗」に掲載された記事の要約が私の手元に届いた時、その後読む記事の内容があのようなものだとは思いも及ばなかった。日本メディアのやり方がラテンアメリカ・カリブについては米国やヨーロッパの大メディアの報道をそのまま載せるだけに留まることは嫌と言うほど知られているが、日本の共産主義者、左翼を代表するメディアと推測されるものである限り、人はその分析たいし、常により深い専門性と責任を期待するであろう。

 

公平な観察者なら、ほとんどの日本メディアの所謂ベネズエラ危機の扱いが、徹頭徹尾、特別に否定的で歪曲、操作され選別的なものであることに気づかぬ人はいないであろう。それは第三国にいる特派員からのものも含めてである。(ベネズエラからではない。ベネズエラには日本の新聞社、通信社からはどこの特派員も派遣されていない)。それらの報道は、ベネズエラに対するメディア戦争の特徴の周知のニュアンスをいとも手軽に反復し、経済・社会危機、推測される「民主主義の欠如」と「マドゥロ政権の独裁的性格」を強調してきた。

 

松島良尚氏の敬意を欠いた記事に対してセイコウ・イシカワ大使が反論しているので、私は細部に触れる必要はない。細部について明確にし説明するのはベネズエラ人の固有の権利である。私は、我々の特徴である倫理に厳密に即して、記事の筆者がこの問題に関する分析から考慮の上に外したいくつかの問題について考察することにする。その分析は残念ながら、すでに操作と誤報の恒常的なキャンペーンに晒されている日本の世論により大きな混乱を生むものだからである。

 

3千字を超えるその記事で松島氏は、怠慢に等しい無責任さでもって、諸国民の主権と自決権の尊重、他国への内政不干渉という今日国際共存を特徴づける基本的原則への尊重を大きく欠いている。

 

すごいインスピレーションでもって、筆者はベネズエラの反対派を(その中には極めて暴力的なグループ、米国の利益の奉仕者達が含まれていることを我々は知っている)ベネズエラの国民的意志の唯一の代表と一挙に決めつけている。それでは松島氏は、ベネズエラの民主主義をめぐる駆け引きのなかで、多数派のチャベス主義者の役割をどこに置くのか? 政府に反対する「大規模の集会」について語るが、系統的に行われている数多くの集会、すでにボリバル革命プロセスへの国民的支持の表明として行われている集会については何も語らない。

 

ベネズエラへの酷評のなかで筆者は、米国とラテンアメリカの地域右翼よって公然と作成されたシナリオを自分の意見として、ベネズエラの合憲政府の合法性を失わせかねない。。そのシナリオによれば、兄弟国の5月20日の大統領選挙は合法性に欠けると言うが、それは一部の反対勢力が米国司令部から受けた指令に従って、最後になって選挙をボイコットしたからである。

 

また、ネットで広まったマイク・ペンス米副大統領の問題のビデオにも触れてない。これは1月23日のメディアに訴えた有名な集会の前夜に流されたもので、その中で世界最強国の副大統領はベネズエラの合憲政府への反乱、打倒を公然と公けに訴えている。

 

松島氏は、無から作られた無名の「国会議長」が突然現れて、2度にわたり、最初はウキリークスで、次は国営テレビで「暫定大統領」と自らを宣言したことを正常なこととして取り上げている。しかし、これはクーデターのリメークであり、以前のクーデターと違うのは、今回は米国が目に見える形でその頭部となっていることである。

 

さらにここ数日最も繰り返された虚偽のニュースを自分の意見として報道している。それは、国際社会とラテンアメリカの大半がマドゥロ大統領に対する十字軍を支持していると「確言」していることである。しかし、米州機構のなかでさえ米国はベネズエラの体制変換戦略の承認に必要な票を得ることができなかった。マイク・ポンぺオ国務長官の脅迫と力の政策の表れに満ちた演説を通じた動きや、一部のラテンアメリカ政府代表が特別な入念さでシナリオの自分の受け持ち分を懸命に全うしようとする惨めな行為、一部のヨーロッパの使節の最後通牒、それらにもかかわらず、国連安保理は、国連憲章と国際法に則って、兄弟国ベネズエラでの対話を求め、クーデターによる体制変換の戦略を拒絶した。松島氏はこのことを知らなかったように見える。

 

全ての他のオプションが枯渇し失敗した今の段階となって、早急に傀儡政権及び並列の機構を作りベネズエラの無秩序を促進すること、そして政府が主権と自決権を守るための神聖な権利を行使した場合の直接軍事介入の脅威があること、それらが今日の最も可能性のある闘いの舞台である。そこでは、革命家が、ましては共産主義者が柵の中で暗礁に乗り上げたままでいるのは、決してよくは見られないであろう。

 

混乱と思想的曖昧さを助長するのではなく、松島氏は彼の記事の重大な無責任さ、そしてラテンアメリカ、カリブの現実にたいする政治的、歴史的理解の欠如によって彼の記事が一般党員に与える害について、反省し熟考すべきであろう。ラテンアメリカ問題の専門家と言われる人物が、その分析のなかで、経済・金融制裁その他筆者が記事の中であげている攻撃や状況を通じて、アメリカ政府がベネズエラ危機を促進し作りだした張本人として、異論のない主役的役割を果たしてきたことを無視するなら、それは結局何かを深く表わすこととなる。

 

このような侮辱に対し、キューバは口をつぐむことはしないし、これからも決してしない。それは、今日ベネズエラに対して立ち上がり攻撃する人達は、遅かれ早かれ最後にはキューバにも同じことをするであろうと意識しているからである。今日ベネズエラで決定されるのは、単にある一国の国民の尊厳と主権ではなく、すべての「我らがアメリカ」、南の国々、地球の国々のそれである。ボリバル・チャベス革命とその国民の市民・軍隊連合に我々の全ての連帯を! 暴力、介入なしに、軍事攻撃、外部からの押しつけなしに、ベネズエラ人同士の対話と解決への我々の全ての支持を! 対話と和平が唯一の道である。

Categoría
Solidaridad
RSS Minrex