キューバ政府、新型コロナウイルス感染防止のため対策を拡大・強化

【駐日キューバ大使館からのお知らせ】

キューバ政府、新型コロナウイルス感染防止のため対策を拡大・強化

3月23日(月)キューバ政府は以下の感染対策の導入を通知:

 

  • 3月24日以降、すべての観光客はホテルもしくはレンタルハウスにて隔離され、待機しなければならない。すべての都市、歴史・自然・文化にゆかりのある土地などへのツアー・観光は公的なものであれ民間のものであれ、中止される。
  • 観光用レンタカーの貸し出しは中止される。すでに貸し出されたものに関しては、順次回収される。
  • 24日以降、トリニダ、ビニャーレス、バラコアの民宿(カサ・パルティクラル)に宿泊する観光客をホテルに移動する。これらの地方では外国人出国のための空港等の施設がないため、他の地方のホテルに移送される。観光省が順次これを実施する。政府は既定の医療管理・感染監視対策を行い、ホテルへの移送費を負担する。宿泊費はレンタルハウスと同程度となる予定。
  • 公営および民間のクラブやバー、プール、ジムは閉鎖される。
  • 保育園を除くすべての教育機関は4月20日まで活動を停止する。
  • 帰国したキューバ人居住者は、自宅以外の指定された施設にて14日間隔離される。
  • 人道的理由もしくは正当な理由のある場合を除き、キューバ市民の出国は規制される。
  • 空港業務迅速化および荷物消毒、荷物確認のため、入国する者には手荷物一個とスーツケース一個の携行のみが認められる。
  • 県と県の間を結ぶ、公営および民間の交通機関の運行を停止する。
  • 以上の対策の遂行のため、街中、商業地区、その他の施設における警察による取締りを順次強化する。
Categoría
Situaciones Excepcionales
RSS Minrex