キューバ共和国 ミゲル・ディアス=カネル大統領、政府の皆様、キューバ国民の皆様、

2020年4月9日、東京

 

キューバ共和国 ミゲル・ディアス=カネル大統領、政府の皆様、キューバ国民の皆様、

 

現在、世界全体が新型コロナウイルス感染症(COVID-19)と闘っています。日本においても感染者の数が増大し続けております。キューバが、国内はもちろんのこと、世界各地に医団を派遣し、救援の連帯活動を展開し、更にはインターフェロンα2Bなどの医薬品を提供することで、他国を支援しておられることに心から敬意を表すと共に、連帯の意志を送ります。

今こそ、世界が一つになって、コロナウイルスと闘うことが、国際連帯が求められています。しかし、残念なことに米国はその国際連帯を分断しようとしています。

キューバに対しての経済封鎖は強化されています。コロナウイルスの対応に必要な医薬品・機材の購入が困難になっているとのこと。人道的にも許されることではありません。米国はベネズエラに対しても経済封鎖を強めています。米国のこの経済・貿易・金融封鎖は、即刻撤廃されなければなりません。

 

米国はまた、ツイッターに「キューバの医師や看護師らが劣悪な労働環境に身を置きながら、国際医療支援に従事して稼いだ給料のほとんどを(キューバが)確保している。COVID-19対策でキューバの支援を求めている各国は、合意内容を精査し、強制労働に終止符を打つべきだ」と書き込んでいます。キューバの国際連帯の見本ともいえる医師団を愚弄し、キューバを攻撃しています。私たちは、これに断固抗議します。

 

キューバの政策・文化・国際連帯の精神には、いつも共感しております。勇気をいただいております。キューバの皆様に心からの連帯の意志を送ります。

 

 

Buenos Amigos一同

Categoría
Bloqueo
Solidaridad
RSS Minrex