フイデル・カストロ生誕94 年にあたって

キューバの「特別機 」にあたって、友好と連帯を掲げた訪問団が 1993 年 12 月実施され、それを受け 1994 年 7 月 30 日に日本キューバ連帯委員会(通称: CUBAPON )が結成されました。

結成間もないCUBAPN に当時の 駐日キューバ 大使館の富田君子さんから電話がありました。 1995年 12 月 10 日か 11 日のことです。「フィデルが 12 日来日するので歓迎出迎えに成田空港へ行ってく
れないか」とのこと。 急な話で、 歓迎出迎えと言っても何をしていいかわからず、急遽、模造紙やポスターカラーを買い、手作りでキューバ国旗を 作り CUBAPON メンバー 2 人が成田空港に出向きま
した。ところが非公式の訪日ということかどうか(?)、通常の一般出口ではありませんでしたので、アタフタして何とか出迎えに間に合いました。当会のメンバー 2 人(女性)はハグされて光栄で舞い
上が っていましたが、如何せん我がメンバーは大変小柄で 、大使館からいただいた写真には 大きなフィデルの背中しか写っていませんでした。 (この背中の向こうに私がいるのヨ)と話に花が咲きまし
た。

フィ デルが初めて日本の土を踏んだ時に出会えたことは CUBAPON のこれまでの活動のおおきな糧になっています 。このご縁か、フィデルが逝去された時 、 CUBAPON の「キューバ平和友好訪問団」はキューバに滞
在しており、 25 日は ビラン の フィデルの生家 とサンチャゴで サンタ・イフィヘニア墓地 ホセ・マルティ廟の近くにぽっかりと空いた区画 があり、 フィデル が亡くなったら埋葬される予定 とのことで
した) を訪ね ていました 。 ハバナで 26 日予定していた ICAP 訪問は急遽弔問となりました。アリシア ICAP 副総裁(当時)は「 CUBAPON が弔問に訪れた最初の外国の友好団体です」と挨拶されま
した。キューバ国民 に 敬愛されていたフィデルを偲ぶキューバ滞在となりました。

2020 年 8 月 13 日
日本キューバ連帯委員会 CUBAPON代表委員会一 同

Categoría
Solidaridad
RSS Minrex