古屋圭司 日本・キューバ友好議員連盟会長のご挨拶

古屋圭司 日本・キューバ友好議員連盟会長のご挨拶

今から120年前、汽船「オリザワ号」に乗って、最初の日本人移住者がキューバに到着しました。

世界情勢が変わる中、数々の困難や課題を克服し、現在1,200名の日系人が、農業、ビジネス、芸術など、キューバ社会の様々なところで活躍をしています。

この日系人の方々が懸け橋となり、育まれてきた信頼関係や親日感情が土台となって、今日の両国の友好関係がここにあります。

私は、1992年にキューバを訪問して以来、人間フィデル・カストロの魅力に惚れ、友好議員連盟を設立しました。以来25年、両国の統治機構は異なりますが、それを超越して、私たちは友好親善発展・信頼関係の確立に努めて参りました。今後ますますの友好親善が強化されるよう、そして来年2019年の外交関係樹立90周年に向けて、取り組んで参ります。

この記念すべき本年12月に、私たちは、官民の大ミッションを結成し、キューバを訪問する予定です。記念式典や音楽祭をはじめとする多くのイベントを計画中で、120年記念にふさわしい歴史的訪問にすることをお誓い申し上げて、本日の「日本人キューバ移住120周年記念文化の集い」へのお祝い挨拶とさせていただきます。

日本・キューバ友好議員連盟 会長

衆議院議員 古屋圭司

Categoría
Eventos
Relaciones Bilaterales