革命政府声明:キューバは、イスラエルによるパレスチナ人の新たな攻撃を非難する

キューバ大使館資料

この事件は国連憲章と国際人道法の深刻かつ明白な違反を上塗りするものであり、パレスチナ人への新たな蹂躙である。

 

キューバ共和国革命政府は、イスラエル軍がガザ地区で無防備なパレスチナ人を犯罪的に弾圧したことに対し、最も強い言葉で非難するものである。その結果、少なくとも死者52人、負傷者2400人以上が出た。この事件は国連憲章と国際人道法の深刻かつ明白な違反を上塗りするものであり、パレスチナ人への新たな蹂躙である。

キューバは、在イスラエル米大使館の一方的なエルサレム移転を受け、国際法及び国連諸決議の明らかな軽視として、これを改めて非難する。このような行為は同地域の緊張を拡大させるものである。

革命政府は、イスラエル・パレスチナ問題が「二国家解決」に基づき、広範かつ公平、恒久的に解決されるよう無条件の支持を改めて表明する。この解決案は、パレスチナ人に自決権を与え、1967年以前の国境線内で東エルサレムを首都とする独立した主権国家の創設を可能にするものである。

2018年5月15日、ハバナ

Categoría
Relaciones Bilaterales
Solidaridad